<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

芝桜

d0121677_176557.jpg

うちの近くの公園の、見頃PART2w(゜o゜)w
芝桜です
ショッキングピンクできれい、
[PR]

by mi-sanm2 | 2007-04-29 17:06

家庭訪問

家庭訪問終了~~~(●^o^●)
参観も、懇談も、溶連菌のために出席できなかったので、
今日は、自己紹介から始まりました。
色々用意していたのですが、結局使いませんでした。

交流のM先生は、22歳のおにいちゃんです。
特担のK先生は、2年生と同じ、1言えば10わかるような、提案すれば次の日から実行してくださるような、勘の良い、フットワークの軽い先生です。養護学校で4年間、自閉症の女の子を担当されていました。

数日前に、前もって、サポートブックと、ライフマップを渡していて、よく読んでくださっていました。
サポートブックの内容に対しての、具体的な質問から始まりました。「聴覚過敏というのは、声の低さですか?大きさですか?」とか。
それについて、なかなかうまく説明できなかったけれど、苦手な感じを具体的に説明しました。

パニックについても、特担の先生から、大、中パニックは2年生の時からゼロになっていて、小パニックについては、あっという間に終わるし、クールダウンの仕方もわかっていることなどの、補足があり、私も、学校での変化がわかってよかったです。
3年生になってから、小パニックもゼロだそうで、驚きました。

こだわりについて、スピーカーや、CDラジカセや、からくり時計などに、こだわった経緯、きっかけ、私が考える理由などを話しました。
交流のM先生は、なんと、2年生の3学期、特別支援の実習で来られたY先生の親友でした。
Y先生は、ぴょんとかかわってくださっていた2週間、毎日、ぴょんのこだわり(からくり時計について)や、遊びの様子、特徴なんかをM先生に話されていたそうで、この小学校に決まって、ぴょんの交流の担任になった時、運命を感じたんだそうです(^^ゞ

担任のK先生は、M先生のことを、「若いけれど、生徒の話をじっくり聞いて、よく見ておられる」と聞いていたけれど、それはすごく大切なことだと思います。

また、ひとりで交流に行っているほかの科目の先生とも、よく連絡を取ってくださっていました。
図工については、うまく、お手本になりそうな子を、周りの席にして、大丈夫だと、お墨付きをもらっているそうで、のぞきに行くと、自分の作品について、頑張って前で説明していたそうです。
音楽については、2年と同じ先生ですが、リコーダーの指使いが難しく、お友達のまねをすると、手が反対になってしまったり、混乱するようなので、見本を見せる時は、横に並んで見せることを、お友達や先生と、申し合わせていてくださったり、前もって、空き時間に、リコーダーを練習してくださっていたり、うまく、配慮してもらって、スムーズに、ひとりで参加できて、それが、自信にもなっているようです。


K先生は、30分早く、来てくださって、2年生の時の個別指導計画を見ながら、3年生でやりたいことなんかを少し話しました。

生活面では、歯磨きの指導、食事の仕方についても少し気にしていくこと。

学習面では、特別支援の予算で、詳しい習熟度、理解度を調べるテストを買ってもらえたそうで、少しずつ、毎日、さかのぼってテストしているそうです。

ぴょんは、範囲の狭いテストなら、パターンで記憶してできてしまうことがあるのですが、理解していないことがあります。そのまま進んだら、基礎がおろそかになってしまうので、とてもよかったと思っています。

IEP思っていたよりも、よくできていました。


先生方が来れられるまでに、ぴょんと、クッキーを焼いて、お迎えしました。
先生は、甘党だということがわかって、絶品の、ホテルのケーキバイキング情報や、行列のできるロールケーキ「小山ロール」や、「末永のどら焼き」など、の情報を交換し、盛り上がりました。これも、うれしい収穫でした!!!

K先生は1時間半、M先生は、1時間、和気あいあいと、楽しく過ごしました(^_^;)
最後だったし、内緒で。

これで終わった~~と思っていたら、IEPが残っていました(TT)
でも、ひとまっずホッとしました。(*^。^*)

今年も安心して、お任せできそうです。
よろしくおねがいします~~~<(_ _)>
d0121677_23173577.jpg

[PR]

by mi-sanm2 | 2007-04-25 21:38 | 発達障害

家庭訪問準備

d0121677_15542981.jpg

今日は家庭訪問です。

ブログ、再開します(^_-)-☆
[PR]

by mi-sanm2 | 2007-04-25 15:54 | イベント